スライダー追加2
スライダー追加1
日立ハイテクと筑波大学の産学連携

日立ハイテクと筑波大学の産学連携

日立ハイテクと筑波大学は,日立ハイテクが長年培ってきた技術と筑波大学が持つ知見・人財により,社会・産業を支え新製品の創生につながる走査電子顕微鏡(SEM)の基盤技術の共同研究「日立ハイテクアドバンストSEMテクノロジ特別共同研究事業」を平成30年4月1日に開始し,筑波大学内に新たに設けた研究開発拠点で共同研究を推進しています。

ナノメートルスケールでの微細構造観察が可能で試料の扱いも容易なSEMは、ナノテクノロジー分野やバイオテクノロジー分野をはじめ、あらゆる分野の研究開発・品質管理など幅広い用途で使用されています。

続きを読む

筑波大学

日立ハイテクと筑波大学の産学連携

特別共同研究事業

News

オープンファシリティ装置 新規登録 SU7000

7月1日より、オープンファシリティ装置(イノベイティブ計測技術開発研究センター共同利用機器)として利用可能になりました。 超高分解能ショットキー走査電子顕微鏡 SU7000は、日立ハイテ...
1 7月
オープンファシリティ装置 新規登録 SU7000

2020年度日立ハイテク学修奨学生募集

株式会社日立ハイテクは、電子顕微鏡開発研究に携わり真摯に勉学に励む資質優秀な学生に対して経済的援助を行うことにより、社会に有用な人材を育成することを目的に奨学金の給付を行います。 募集要項・申請...
20 4月
2020年度日立ハイテク学修奨学生募集

2019年度応用物理特論「走査電子顕微鏡を使った計測技術の開発、電子光学や電子ビームと物質の相互作用の研究」

日 時:10月1日(火)10:10~11:25 場所: 3A203 応用理特論(FF22001)において、走査電子顕微鏡研究室(関口・早田研究室)の研究内容について講義を行いました。 ・走査...
2 10月
2019年度応用物理特論「走査電子顕微鏡を使った計測技術の開発、電子光学や電子ビームと物質の相互作用の研究」

イノベイティブ計測技術開発研究センター(IMC)に参画

2019年10月1日付で、「イノベイティブ計測技術開発研究センター」(センター長:伊藤雅英 筑波大学数理物質系教授、大学執行役員)が設立されました。同センターは、精度・質の高い革新的計測評価技術の開発...
1 10月
イノベイティブ計測技術開発研究センター(IMC)に参画